スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

アジア杯V 祝砲で7人死亡

2007.07.30

また、「祝砲」の流れ弾で死亡者ですか。
勝利に酔いしれるのはいいけど、ひどいね、これは。


サッカー・アジアカップで初優勝を果たしたイラクの各地では多くの人々が抱き合い、勝利に酔いしれた。内戦状態が続く中、祖国を離れた海外居住者や難民生活を送る国民にも大きな希望を与えた。
 治安当局は29日、サウジアラビアとの決勝の試合時間に合わせ、首都バグダッドなどで車での外出を禁止。しかし、クラクションを鳴らし、国旗を振りながら車を走らす市民の姿も。銃を撃ち鳴らす「祝砲」もあちこちで行われ、ロイター通信は流れ弾などで少なくとも7人が死亡、50人以上が負傷したと伝えた。
 混乱が続く故郷では代表選手やスタッフの多くがテロや戦闘で親族を失った。ブラジル人のビエイラ監督は「悲しみの多いイラクに喜びをもたらそう」と選手を鼓舞した。選手たちは腕に黒い喪章を結びながら、決勝戦のグラウンドを駆けた。試合後、英BBCラジオは「イラクにとって非常に重要な日だ。優勝した代表チームのように民族、宗派、地域に関係なくイラク国民が一つにならなくてはならない」と語る市民の声を紹介した。
 サッカーのイラク代表はフセイン政権時代、フセイン大統領の長男、ウダイ氏が管理し「勝たなければ刑務所送りだ」と選手を脅し、試合結果次第で、選手に拷問や強制労働を課した歴史がある。


<イラク>アジア杯初優勝で市民歓喜 祝砲流れ弾で死亡者も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000047-mai-int



スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。