スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

植草一秀元教授に懲役6月求刑

2007.07.18

懲役6カ月ですか。本人は無罪を主張して、全然、反省してないみたいだし、出所したら、また同じようなことをやりそうですね。



電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元早稲田大学大学院教授、植草一秀被告(46)の論告求刑公判が18日、東京地裁(神坂尚裁判長)で開かれた。検察側は「確定的犯意に基づいた悪質な犯行」として懲役6月を求刑した。植草被告は全面否認している。
 論告で検察側は「植草被告は目的地とは逆方向の下り線に乗っており、痴漢をする目的だったと考えるのが最も合理的」と指摘。
 さらに検察側は、植草被告が過去2回、痴漢行為で有罪になっていることなどを挙げ、「いまだに無罪を訴えており、反省の情はまったく認められない。再犯の恐れも高い」と述べ、実刑を求めた。
 起訴状によると、植草被告は昨年9月13日夜、京浜急行品川-蒲田間の下り電車内で、神奈川県内の女子高生のスカートの中に手を入れ下半身を触るなどした。
 植草被告は平成16年、JR品川駅のエスカレーターで女子高生のスカートの中を手鏡でのぞいたとして起訴。17年に罰金50万円、手鏡没収の有罪判決が確定している。


植草元教授に懲役6月求刑 電車内で痴漢

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070718-00000906-san-soci


トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

-

管理人の承認後に表示されます
【2007/07/20 07:51】
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。