スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

オシム「PK戦は心臓に悪い」

2007.07.22

PK戦って、この緊張感がたまりませんね。
さすが、川口、神セーブ、やってくれます!
前回のアジアカップを思い出しますね。
本当に勝ってよかった。



現地時間21日に行なわれたアジアカップ準々決勝のオーストラリア戦で、日本は1対1となった死闘の末にPK戦を4対3で制して準決勝進出を決めた。以下は試合後のイビチャ・オシム監督のコメント。

オシム監督
「(どうしてPK戦を見なかったのか?)病気でなくても、心臓に悪いので見なかった。私は日本代表の仕事をしているときに死にたくない。故郷のサラエボで死にたいので、発作を起こしたくない。だから見なかった。それに、私がPK戦を見ていると勝てないというジンクスもある。

(オーストラリアにはひとり退場者が出た。アドバンテージがありながら、なぜ120分で勝てなかったのか?)私たちのサッカーが完成の域に達していないからだ。ハンドボールや水球では、退場者がいる間に点が入るが、サッカーはそうでない。またサッカーはビリヤードとも違って、狭いスペースにボールがうまく転がるわけでもない。それよりも、我々の内容がよかったことをもっと見てほしい。いつも心掛けているサイド攻撃は機能していた。もうひとついえば、オーストラリアに優秀なGKと優秀なDFがいたことはこちらの責任ではない。

 ひとり退場で少なくなるということはサッカーにつきもの。人数の少ない方のチームがモチベーションを強めて、しっかりしたプレーをすることもある。むしろ、それが普通。試合途中に少なくなった方が有利になる場合もあるし、人数が少ない方が勝つことも世界中のサッカーでよくあること。アンリ(フランス代表)のような選手が日本にいれば、10人になったとしてもカウンターで勝つ可能性が大いにあるでしょう。

 それにオーストラリアはキューウェルが途中から入ってきたし、一対一で勝負できる選手もいた。個人的には、日本がこの試合でやったこと以上にいったい何ができたのかを教えてほしい。退場者が出る前も、出た後も、日本の方がいいプレーをしていたことは事実ではないか。

(もう少し早めの選手交代してチャンスを増やすことは考えなかったのか?)PKの前に勝負が決まればよかったが、そうしたくても相手がそうさせてくれなかった」


オシム監督「PK戦、心臓に悪いので見たくなかった」/日本代表


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070722-00000080-ism-spo


トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。