スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

亀田父、今度は内藤ホメ殺し

2007.08.18

今度は、ほめ殺し?ですか。そんなことやっても意味ないような気がしますね。
この相手に、この程度の小細工は通用しないでしょう。


ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦(10月11日・有明コロシアム)、ほめ殺しでKOや!ボクシングの亀田兄弟の父・史郎氏(42)が17日、大毅(18)=協栄=との対戦が決まったWBC世界フライ級王者・内藤大助(32)=宮田=を徹底的にほめ殺した。これまでの「ゴキブリ」発言から一転して「日本最強」と称え、大毅に勝算がないことを明言した。内藤のキャリアとパンチ力を絶賛し、いきなり“弱腰”にひょう変した史郎氏。世界戦正式決定から一夜明け、早くも心理戦のゴングが鳴らされた。
 ゴキブリから最強王者に-。興毅、大毅とメキシコに旅立つ直前、史郎氏は内藤を持ち上げるだけ持ち上げた。あくまでも表情は厳しく、口調も真剣そのもの。「内藤は日本最強や。バカにしたらアカン。キャリアもパンチも大毅より上。タイトルもいっぱい持ってる。こっちの勝ち目はゼロや」。どこまで本音かは不明だが、絶賛のフルコースでほめまくった。
 これまで、左右に細かくステップを踏むフットワークを揶揄(やゆ)して、内藤を「ゴキブリ」と呼んできた。内藤を見下す発言はあっても、称賛することは一度もなかっただけに今回の絶賛ぶりは不気味だ。史郎氏の狙いは、ずばり心理的に内藤の動揺を誘い出すこと。亀田流の心理戦で揺さぶりにかかった。
 心理的なものだけでなく、肉体的にも内藤を攻略する。今回のメキシコ合宿は、内藤対策としてではなく今後の経験のため。29日に帰国を予定し、9月中旬に大阪で2日間の短期合宿を行う。この2日間で仮想内藤の4回戦、6回戦ボクサー10人を相手にスパーリングを行い、対策を練る。
 「大阪で内藤対策のスパーリングをするねんけど、大毅の勝ち目はないからな。かけ率は9対1ぐらいやろ。もちろん内藤が9やで。少しでも頑張れるようにメキシコで練習してくるわ」と最後まで“弱気”を装った史郎氏。いつまた亀田節が復活するのか。心理戦は始まったばかりだ。

「日本最強」亀田父が内藤ホメ殺し

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000004-dal-fight



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。